採用情報

ハードキャッスル・エリザベス

山梨放送

放送本部 アナウンス部  2015年入社

Q.これまでの経歴は?

入社2年目の昨年4月から夕方の情報番組「ててて!TV」(毎週月~金、午後3時50分~午後4時53分)の月曜日~水曜日のMCを担当しています。ラジオではお昼の音楽番組「アフタヌーン・ジュークボックス」(月~金、午後12時10分~午後12時20分)のパーソナリティーを務めています。そのほか、テレビのお昼の県内ニュースやラジオの定時ニュースなどが現在の主な仕事です。

Q.仕事で心掛けていることは?

アナウンサーは会社の看板であり、視聴者に一番近い伝え手だと思います。アナウンサーの立ち居振る舞いがそのまま視聴者の山梨放送に対する印象になってしまうので、すべての言動において責任を持つように心掛けています。また、一つの番組は技術、制作、記者など多くのスタッフが携わって作られています。アナウンサーは番組作りの最後の役割としてあり、私たち次第で、みなさんの仕事を良くすることにも台無しにしてしまうことにもなります。未熟ではありますが、そうした責任ある重要な役割を任せていただいている意識を常に持つようにしています。

Q.山梨の印象はどうですか

閉鎖的な県民性と言われがちで、私も実際に山梨に来るまではそういったイメージを抱いている部分もありました。けれど、一緒に仕事をする会社のみなさんは、とてもあたたかく受け入れていただき、ここが〝ホーム〟という気持ちにさせてくれます。また取材先で出会う県民のみなさんも、初対面とは思えないほど親しく声を掛けてくださり本当にうれしく思っています。

Q.これからの目標を教えてください

わたしは初対面の人から、外見上どうしても「日本語しゃべれるの?」という印象を持たれてしまうんです(笑)。ですから、普段からきちんとした、きれいな日本語をしゃべるように努めていて、子どもたちが見て学んでもらえるような日本語をしゃべれるようになりたいと思っています。やがてはラジオやナレーションなどの声色だけで人を感動させられるような仕事をしたいと思っています。

戻る