2014年9月10日
450人参加、80`分のゴミを回収〜後期クリーン作戦

5合目の登山道でゴミを拾う
5合目の登山道でゴミを拾う

 「富士山環境美化後期クリーン作戦2014」を9月9日、富士山5〜6合目周辺で行いました。地元市町村をはじめ、県内外から32団体450人が参加。富士河口湖町の県立富士ビジターセンターで行った出発式では、野口英一理事長が「クリーン作戦は半世紀以上続いている活動。美しい富士山をいつまでも残していきたい」とあいさつ。地元自治体を代表して富士河口湖町の渡邊凱保町長が「会の地道な努力が世界遺産登録に結び付いた。誇りを持って、会を発展させていきたい」と激励しました。
 この後、一行はバスや乗用車で5合目に移動。雲ひとつない青空の下、ロータリー周辺や6合目までの登山道を歩きながら、空き缶や空きビン、たばこの吸い殻などを拾い集めました。ゴミはほとんど落ちていませんでしたが、林や茂みまでくまなく目を光らせ、80`(可燃60`、不燃20`)分のごみを回収しました。また、参加者は「富士山をきれいにしましょう」と書かれたそろいの黄色いタスキを掛けながら、登山者や観光客に富士山の環境美化を呼びかけるウエットティッシュを配布し、美化啓発を行いました。
 幼児から年配の方まで、参加者の皆さまのご協力によって事故なく無事に終えることができました。ありがとうございました。

出発式の様子
出発式の様子
孫と参加されたご家族
孫と参加されたご家族
回収したゴミをスタッフに手渡す
回収したゴミをスタッフに手渡す

【今後の活動予定】
■富士山環境美化終了奉告祭
10月29日(水)午前11時〜
北口本宮富士浅間神社(富士吉田市)