2015年8月2日
2,000人が清掃、啓発活動に汗〜富士山環境美化前期クリーン作戦

2000人の熱気に包まれた出発式=富士吉田市の富士北麓公園
2000人の熱気に包まれた出発式=富士吉田市の富士北麓公園

 第54回「富士山環境美化前期クリーン作戦2015」を8月1日、開きました。県内外から70団体約2000人が参加し、清掃・啓発活動に汗を流しました。
 富士北麓公園で出発式を行った後、富士山5合目周辺〜6合目、西湖畔に分かれて一斉に清掃活動を展開。真夏の炎天下の中、参加者は汗をぬぐいながら一生懸命にゴミを拾い集め、可燃物100`(うち西湖30`)、不燃物60`(同30`)分のゴミを回収しました。
 近年、登山道のゴミは減少傾向にあり、とりわけ今年は回収量も少なかったです。参加者は、そろいの黄色いたすきを掛けながら、「美しい富士山をいつまでも。」「ゴミは持ち帰りましょう」の文字が入った当会オリジナルのポケットティッシュを登山者や観光客に配布し、環境美化啓発を呼びかけました。
 この日は、クリーン作戦の一環で、西桂町が主体となって同町の三ツ峠周辺でも200人が参加して清掃活動が行われました。

西湖畔でゴミを探す参加者=富士河口湖町西湖
西湖畔でゴミを探す参加者=富士河口湖町西湖