2018年5月16日
富士北麓地域に桜、ツツジ、モミジなど1,109本を植樹

植樹する野口英一理事長(右)と忍野村の天野多喜男村長
植樹する野口英一理事長(右)と忍野村の天野多喜男村長

 富士山をきれいにする会は5月15日、忍野・二十曲峠で、富士山環境美化植樹祭を開きました。地元7市町村と協力団体から集まった約60人がフジザクラの苗木を記念植樹しました。
 当会の植樹活動は1966年にスタートし、今年で53回目を迎えました。野口理事長は「二十曲峠に初めて来たが大変美しい。今回はフジザクラを植えるが、数年後に名所になればうれしい」とあいさつし、地元を代表して忍野村の天野多喜雄村長は「植樹活動は、富士山の景観の強化や緑化に多大な貢献をしている」とあいさつしました。
 野口理事長が天野村長に苗木を手渡した後、参加者が手分けしてフジザクラを植えました。この日記念植樹した10本と合わせ、当会は地元7市町村と富士吉田市外二ケ村恩賜県有財産保護組合(吉田恩組)にミツバツツジ、イロハモミジなど合計1,109本の苗木を贈っていて、今後各地域で植樹されます。
 当会が市町村などに贈った苗木の総数は、本年度で8万1,399本になりました。

二十曲峠から見た眺望
二十曲峠から見た眺望