イベント詳細情報

文化・芸術

公式HP更新中

第78回山日YBS席書き大会

概要

毎年恒例の山日YBS席書き大会も今回で78回目となりました。
1万人を超える参加者が小学校に集まり、その場で「席書き」する、全国でも珍しい書道の大会です。
子どもから大人までどなたでもご参加いただけます。
http://sannichi.lekumo.biz/sekigaki/

(画像はいずれもこれまでの大会から)

日程:
詳細は本文を参照
場所:
大会は県内51会場ほか、審査は甲府・山日YBS

  • みんな書けた!<幼保団体>

  • 先生も緊張 <拡大会議>

  • 大会の醍醐味 <公開審査>

詳細

大会

<本番への皆さまのご参加、ありがとうございました>

■日時:

平成30年2月4日(日)12:30集合、13:00開始 ※一部例外あり

■会場:

【甲府市】甲府東小、新紺屋小、舞鶴小、伊勢小、相川小、国母小、新田小、千塚小、玉諸小、山城小、

石田小、中道北小(中道南・北、その他:10:30集合/11:00開始、境川、豊富、その他:12:30集合/13:00開始)

【甲斐市】竜王小、竜王西小、敷島南小、双葉西小

【昭和町】西条小

【中央市】田富小、三村小

【韮崎市】韮崎小、韮崎北東小、甘利小

【北杜市】須玉小、長坂小、泉小、武川小

【南アルプス市】八田小、若草小、豊小

【富士川町】増穂小

【身延町】身延清陵小、身延小

【南部町】睦合小

【市川三郷町】市川小、六郷小

【笛吹市】富士見小、石和北小、御坂西小、一宮西小

【山梨市】加納岩小、日下部小、

【甲州市】塩山南小、塩山北小、勝沼小

【大月市】大月東小

【上野原市】上野原小

※以下の5会場は9:30集合/10:00開始

【小菅村】小菅小

【富士吉田市】下吉田第二小

【都留市】谷村第一小

【富士河口湖町】船津小

【忍野村】忍野小

申し込み方法

<お申し込みの受け付けは終了いたしました>

11月26日(日)、27日(月)の2日間、県内20ヵ所で申込受付をしています。
個人でのお申し込みは上記の2日間 、下記20か所のいずれかに申し込んで下さい。

電話での受け付けはしません。昨年までの申込用紙は使用できません。

申込用紙はこちら<78個人申込用紙

 

今回から申し込みたい、という場合は、
書塾の先生または大会事務局に一度お問い合わせください。

受付所に行けない場合は現金書留で事務局までご郵送ください。
通っている書塾の先生が取りまとめている場合は、そこに申し込んでください。

 

【受付所】

山日YBS本社(甲府・北口)、
機山堂小瀬店(甲府・小瀬)、
機山堂中央店(甲府・中央)、
岡島百貨店3階友の会(甲府・丸の内)、
天真堂甲府国母店(甲府・大里)、
三井新聞店(北杜・長坂)、
田中志津(韮崎・龍岡町)、
深沢文江(南ア・小笠原)、
笠井魚山(身延・西嶋)、
熊王新聞店(南部・内船)、
秋山玉葩(市川三郷・市川大門)、

天真堂本店(山梨・小原西)、
天真堂塩山店(甲州・塩山)、
アップルニュース(甲州・塩山)、
ニュースセンターサトー(富士吉田・下吉田)、
山日YBS富士吉田総支社(富士吉田・下吉田)、
村松新聞店(都留・中央)、
鈴木ニュースサービス(都留・中央)、
望月大耿(大月・御太刀)、
舩木真奈美(小菅)

(敬称略) 

公開審査

■日時:

2018年2月11日(日)10:00開始

■会場:
 【
山日YBS本社地下 <山日YBSホール>】

各部門ごとの審査を行います。

審査の様子をご覧になれます。

※大会大賞をはじめとする特別推薦(28点)と山日YBS賞(63点)が決定する最終審査は、例年14:30ごろになります。

 

受賞者名が記載された名簿を発表(貼り出し)します。
大会の結果を確認したい方は山日YBS本社へお越しください。(当日限り)

 

※全ての名簿が発表されるのは例年16:00ごろの見込み。17:00閉場
※電話での結果確認は受け付けかねます

※後日、山梨日日新聞紙上で受賞者一覧を掲載する予定です。

※後日、大会HP上でも検索可能になります。

 

展覧会と表彰式

<展覧会>

■日 時:2018年2月22日(木)~25日(日)10:30~18:00(予定)※最終日は17:00まで

■会 場:岡島百貨店7階特設会場

 

<表彰式>

■日 時:2018年2月25日(日)午後3時から

■会 場:岡島ローヤル会館(岡島百貨店8階)

 

公式ホームページ

http://sannichi.lekumo.biz/sekigaki/ 

(2018年3月まで公開予定です)

 

1月下旬から幼保・高校など団体参加の
写真ギャラリーを公式HPにアップしています。
随時、増やしていきます。

 

11月から順次、山梨日日新聞紙上に

参考手本とその解説文が掲載されていきます。

掲載日は下欄に随時アップされますのでご確認ください。

 

今大会の基調テーマは「家族」。

各部門ごとの課題の参考手本が見られます。

 

 

 

賞状返却・作品返却

展覧会期中に、岡島でお受け取りください。

会期後はすべて、甲府市小瀬の機山堂に移管します。

ただし、県内の受付所で申し込まれた(個人申込の皆さん)場合の、

特選以上の作品はそれぞれ受付所に戻ります。

書塾などの団体番号をお持ちの先生からお申し込みの場合は、まとめてお渡しできます。

金銀銅賞の作品については会場でお探しいただきます。事務局でもお探しします。
幼保団体・高校団体・一般団体でのご参加の場合は、各代表者さまにお戻しする前提ですが、

個人さまがその一部としてお受け取りになる場合はかならず代表者さまと一度ご連絡をとってください。

団体番号をお持ちの先生で、郵送(着払い)を希望されている場合は3月初旬に発送する予定です。

 

※各受付所での賞状・作品の取り置き期間は、3月いっぱいを見込んでいます。

受付所にご連絡のうえ、お出かけください。

※取り置き期間を過ぎますと、賞状・作品はお渡しできませんのでご注意ください。

 

前日参加

<前日参加の受付は終了しています>

今大会でも前日参加を実施します。

前日参加には理由書の提示が必要です。

理由書には一度申し込まれたときの情報(個人コードなど)が必要です。

 

前日参加を希望する場合は大会HPから理由書をダウンロードしてください。

ダウンロードは11月28日から可能です。

(前回および前回以前の用紙は無効です)。

提出前によくお読みになってご記入事項をご確認ください。

 

<12月24日現在>
 富士吉田会場の10時と13時をお選びいただけます
(それ以外は締め切っています。また定員になり次第締め切りとなります)。
個人コードほか未記入がないか事前に必ずご確認ください。
(受信後は未記入のものは保留になり、記入済みのものが優先されていきます)

 

 送信後は必ず受信確認のお電話をお願いします。
年末年始(12月29日~1月3日)に送信される場合は、

1月4日に必ず受信確認のお電話をお願いします。
最終の締切日が近くなります。それ以降は受け付けられません。

 

<12月15日現在>

 甲府会場はどの時間帯も締め切りとなっています。 

富士吉田会場は15時が締め切りとなっています。

 

<12月13日現在>

 甲府会場の13時の回、15時の回ともまもなく定員に達します。

14日以降に届いた一部の希望者には今後、お断りのご連絡が入ります。

ご了承ください。富士吉田会場は15時の回を締め切ります。

それ以外は、まだ余席がありますので、もう少し受け入れられる状況です。

 

 希望書をファクス送信【055-231-3107】される場合は、

受信されているかの確認のお電話もその場で添えてください【055-231-3121(平日9時~17時)】。

 

 送信して数日後=一週後以上経ってからなどお電話をもらうケースが増えています。

その場合は確認に時間がかかりすぐにお返事できません。

また保護者などが送信される場合でも書塾の先生が送信される場合でも、

相互に情報共有してください。受信確認のお電話についても同様にお願いします。

 

 なお、個人コードが記入されていないものは、

データ不足のため受信確認後、現状ではすぐに受理ができません。

個人コードがあるものの受理が優先されます。ご留意・ご了承ください。

ご参加される皆さまのご協力をお願い申し上げます。

 

<12月6日現在> 

 前日参加の甲府10時の回は、5日の時点で定員に達しましたので

受け付けを終了いたします。

5日に提出された場合でも、一部の希望者には今後、お断りのご連絡が入ります。ご了承ください。

10時以外の時間帯は、わずかながらまだ余席がありますので、受け入れられる状況です。

 

<12月4日現在>

 これまですでにたくさんの希望書が提出されております。

甲府会場は、まもなく締め切りを迎えそうです。吉田会場はまだ余裕があります。

団体番号をお持ちの先生からの「個人コードの記入がない提出」は受理できかねますので、

必ず記入されるようご留意ください。

 

 甲府会場は、今後の提出状況にもよりますが、時間帯によらず、

ご希望に添えないタイミングがどの回においてもまもなく来そうです、ご了承下さい。

もし、定員に到達後であっても、同じ時間帯での吉田会場か、同じ会場での他の時間帯か、

を選択することで前日参加が成立する可能性があります。

 

 事務局から電話連絡をする場合は基本的にはNGのお知らせ、ということになりますが、

上記を想定しておくと回避できる場合があります。また、すでに希望書を提出済みの参加者は、前日(=2/3)から当日(2/4)へ再々度の戻し申請をされないようにお願いいたします(ご案内の通りそれは認められません)。

したがって、キャンセル待ちもごさいません。

 

皆さまのご協力とご理解をお願い申し上げます。

  

主   催

山日YBS席書き大会運営委員会・山梨日日新聞社・山梨放送

後   援

文部科学省
山梨県・山梨県議会・山梨県教育委員会

山梨県市長会・山梨県市議会議長会・山梨県町村会

山梨県町村議会議長会・山梨県市町村教育委員会連合会・甲府市

山梨書作家連盟・山梨県書道会・山梨書道協会・富士書道連盟 
(予定含む)

特別協賛

東海旅客鉄道株式会社 (JR東海)

協   力

岡島

大会事務局

山日YBS事業局内 『山日YBS席書き大会事務局』
400-8515 甲府市北口2-6-10
☎055-231-3121(平日朝9時から夕方5時まで)

 

参考手本の掲載日

11月から山梨日日新聞紙上に、各部門の課題の参考と解説が掲載されています。

この課題の参考は筆者先生のお考えを基に表現された作品です。

書道はそれぞれの解釈や表現があってもよいとされています。

この文字もあくまで参考にとどめて練習してください。

どの先生も大会に向けて「練習を続ける」ことが大切、と伝えられています。

 

 

掲載日

11月 1日-幼児

11月 2日-小1

11月 3日-小2

11月 4日-小3

11月 7日-小4

11月11日-小5

11月12日-小6

11月17日-中1

11月18日-中2

11月23日-中3

11月25日-高校

 

※かご字による図解は小学生まです。

※高校は書体自由です。

※一般の部は参考がありません。