イベント詳細情報

文化・芸術

博物館で28日まで開催!

この夏、博物館が”宇宙”に! 山梨日日新聞創刊・山日YBSグループ創業145周年記念事業

人類と宇宙 ~星空をめぐる歴史物語~

概要

この夏、山梨日日新聞創刊・山日YBSグループ創業145周年記念事業「人類と宇宙 ~星空をめぐる歴史物語~」を山梨県立博物館で開催中です!
人類と宇宙の関わりの歴史を知ることで、宇宙や地球をより身近に感じ、深く理解する機会とします。
キトラ古墳星座図やロケット開発の歴史、宇宙服や宇宙飛行士の紹介のほか人工衛星や探査機の実物大模型、小惑星イトカワ微粒子の実物資料なども展示しています。
大人から子供まで楽しめる夏休み特別企画で、県立博物館で初の「宇宙」をテーマにした企画展です。
宇宙食や隕石、JAXAグッズ、ウルトラマングッズなど物販も充実。
7月15日(土)から8月28日(月)まで山梨県笛吹市御坂町の「山梨県立博物館」で開催しています。

日程:
詳細は本文を参照
場所:
山梨県立博物館

  • 宇宙服とはやぶさ

  • キトラ古墳星座図

  • ウルトラマン対ベムラー

詳細

日時

7月15日(土)~8月28日(月)

9:00~17:00(入館は16:30まで)

会期中無休

場所

山梨県立博物館

(山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 電話055-261-2631)

観覧料

【高校生以下、県内在住の65歳以下、障害者とその介護者は無料】

一 般:500円(400円)

大学生:250円(200円)

※カッコ内は20人以上の団体料金

内容

◆宇宙に何を見てきたのか

 キトラ古墳星座図を復元!

 山梨ゆかりの8mの巨大星座図!

 ”怪獣の父”高山良策 特別映像公開!

 「ウルトラマンVSベムラー」ジオラマ特別展示!

◆宇宙への挑戦

 日本製ロケット開発の歴史

 本物のロケットフェアリング!

 ロケット音響体験!(H-ⅡA・H-ⅡB・イプシロン)

 宇宙服や宇宙飛行士を紹介!

◆宇宙から地球を観察

 生活の中で活躍する人工衛星

 人工衛星「いぶき」14mの実物大模型&大型映像!

◆宇宙を探る

 探査機「はやぶさ」「あかつき」の実物大模型!

 小惑星イトカワ微粒子を県内初公開!

 

関連イベント決定!

◆◆準天頂衛星 みちびき3号機打ち上げ 映像を公開◆◆

 

【打ち上げ日程変更に伴うお知らせ】

準天頂衛星 みちびき3号機の打ち上げが、8月19日(土)14:00頃に決まりました。博物館ロビーにて映像を公開することとなりましたので、お知らせいたします。

 

◆8月19日(土) ロビーで打ち上げ映像を公開!  ※参加は自由です

14:00頃 映像中継開始予定

14:29頃 打ち上げ

※ギャラリートークなどのイベントはありません。

※打ち上げ時間は延期、変更になる場合があります。

 

◆8月11日(金・祝)  打ち上げプレイベント開催! ※終了

場所:山梨県立博物館ロビー、参加自由、参加無料、申込不要

13:15  みちびき打ち上げプレ解説、みちびき打ち上げ応援カード作り

       解説:日本宇宙フォーラム 藤島 徹

14:00  スペシャルギャラリートーク(企画展見学 ※企画展観覧券が必要)

       解説:博物館学芸員 海老沼真治、日本宇宙フォーラム 藤島 徹

 

◆8月12日(土)  打ち上げライブビューイング開催! ※打ち上げ延期

場所:山梨県立博物館ロビー、参加自由、参加無料、申込不要

13:00  みちびき打ち上げパブリックビューング解説

       解説:博物館学芸員 海老沼真治

13:10  みちびき3号機紹介の映像・スライド

13:34  365秒前よりライブ映像とカウントダウン

13:40頃 【打ち上げ予定】 パブリックビューイング

14:10頃 ギャラリートーク(企画展見学 ※企画展観覧券が必要)

       解説:博物館学芸員 海老沼真治

 

※打ち上げ時間、イベント日程等は変更になる場合があります。

 

 

☆★☆ ワークショップ コズミックカレッジ ☆★☆ ※終了

7月23日(日)

①「バルーンロケットを飛ばそう」午前10時~11時30分(低学年向き)

②「ペーパークラフト ペンシルロケットを飛ばそう」午後2時~3時30分(高学年向き)

講師:藤島徹氏(日本宇宙フォーラム)

参加無料

対象:小・中学生(小学生は保護者同伴)

定員:各回20人 要申込み(下記参照)

 

☆★☆ かいじあむ宇宙教室 ☆★☆ ※終了

7月29日(土)午後1時~3時40分

1時限目「宇宙でのふしぎなくらし!-宇宙飛行士のなり方教えます-」

2時限目「人類の宇宙への挑戦-宇宙飛行士の壮絶なドラマ-」

講師:渡辺勝巳氏(日本宇宙フォーラムSpace iエグゼクティブディレクター、元JAXA宇宙教育推進室長)

 

8月6日(日)午後1時~3時40分

1時限目「宇宙へのチャレンジ」講師:宮川広氏(元国立天文台専門研究職員)

2時限目「生命は宇宙からきた」講師:中村安志(育英セミナー甲府校 塾長)

対象:どなたでもご参加いただけます。(小学生以下は保護者同伴)

参加無料

定員:80人、要申込み(下記参照)

 

☆★☆ JAXAタウンミーティングin山梨県立博物館~みんなで語ろう!人類と宇宙~ ☆★☆ ※終了

7月30日(日)午後1時30分~4時

小惑星探査機「はやぶさ2」や地球観測衛星の話を専門家と行います。

話題提供①「小惑星にかける夢」

登壇者:吉川真(JAXA宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)

話題提供②「地球の危機に人工衛星は何ができるのか?」

登壇者:中島正勝(JAXA第一宇宙技術部門 GOSAT-2プロジェクトチーム ミッションマネージャ)

<進行コーディネーター>庄司義和(JAXA広報部長)

対象:高校生以上(どなたでもご参加いただけます。小学生以下は保護者同伴)

参加無料

定員:100人 要申込み(下記参照)

 

☆★☆ 星空観察会 ☆★☆

8月20日(日)午後6時~8時

「博物館の芝生に寝転んで星を見よう!-宇宙に想いをはせて-」

講師:高橋真理子氏(星空工房アルリシャ代表・星つむぎの村共同代表)

参加無料

定員:100人 要申込み(下記参照)

持ち物:レジャーシート(寝ころべる広さのもの)

 

★☆★スペシャルギャラリートーク★☆★

日本宇宙フォーラムの特別講師と博物館学芸員が、展示を解説します。

①7月23日(日)、②8月10日(木)、③8月14日(月)

①は午前11時45分と午後3時の2回、②③は午前11時と午後2時の2回

参加無料、申し込み不要

関連イベント申込み先

各種関連イベントのお申し込みは

山梨県立博物館(電話055-262-2631)へお問い合わせください。

 

山梨県立博物館のホームページ

http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

主催・後援・協力

主催:山梨日日新聞社、山梨放送、山梨県立博物館

後援:JAXA宇宙航空研究開発機構ほか

協力:国立極地研究所、日本宇宙フォーラム、日本通運株式会社甲府支店、三菱重工業株式会社、山梨交通株式会社

協賛

日本ネットワークサービス