イベント詳細情報

文化・芸術

9月5日まで開催中!

山梨日日新聞創刊・山日YBSグループ創業150周年記念

たんけん!はっけん!南極展

概要

山梨日日新聞創刊・山日YBSグループ創業150周年記念として、山梨県立博物館夏期企画展「たんけん!はっけん!南極展」を開催します。

厳しい自然に隔てられた、地球上で最後の秘境とも言える場所であった「南極」。世界中の人々がこの「宇宙(そら)よりも遠い場所」に挑み、数々のドラマを生み出すとともに、人類にとっての新たな発見をもたらしてきました。本展では、これらのチャレンジの歴史や壮大な自然環境を紹介し、南極から見える地球の現在と未来について解き明かします。

また、特別に女子高生が南極に挑む内容を描いた、アニメ「宇宙よりも遠い場所」とコラボして展示を展開していきます。

YBS山梨放送では、5月31日から8月23日まで、毎週火曜日深夜1時24分からアニメ「宇宙よりも遠い場所」を放映します。

企画展オリジナル商品やペンギン関連商品、「宇宙よりも遠い場所」関連グッズなど物販も用意しておりますので博物館ショップにもお立ち寄りください。

日程:
7月16日~9月5日
場所:
山梨県立博物館

  • ポスター

  • キャラクター:コウテイペンギン親子

  • 「宇宙よりも遠い場所」©YORIMOI PARTNERS

詳細

日時

2022年7月16日(土)~9月5日(月)

毎週火曜日休館

9:00~17:00(入館は16:30まで)

場所

山梨県立博物館

(山梨県笛吹市御坂町成田1501-1)

電話055-261-2631

 

山梨県立博物館ホームページはこちら

観覧料

一般1000円、大学生500円

高校生以下の方、県内在住の65歳以上の方、障害者の方(およびその介護をされる方)は入館無料

 

※ご来館時はマスクの着用など、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策にご協力ください。また、状況によっては中止、もしくは入館数制限を行うことがあります

内容

アニメ「宇宙よりも遠い場所」シーンパネルコラボ展示!

アニメキャラクター・玉木マリ(CV.水瀬いのり)、小淵沢報瀬(CV.花澤香菜)の特別ナレーションが展示のどこかに!

 

「宇宙よりも遠い場所」ホームページはこちら

 

〇「宇宙よりも遠い場所」の南極

南極は、地球上でありながら、ながく人類の手がおよばない未知の領域でした。

さまざまな可能性がつまった「宝箱」ともいえる南極に、人々は何を思ったのでしょう。

 

〇極地に挑んだ人々

人類が南極に足を踏み入れたのは20世紀になってからのことです。

山梨の人々も関わった、明治と昭和の南極観測の苦難と努力の取り組みをご紹介します。

 

〇南極の生きものたち

南極は極寒の地でありながら、独特な動物の住み家となっています。

まっ白な氷の大地に、どんな住人たちがくらしているのでしょう。

 

〇南極の自然と現在

南極は太古の地球だけでなく現在や未来の地球を知ることができるフィールドです。

研究の最前線や拠点である昭和基地について見てみましょう。

・大迫力!「南極シアター」、南極のオーロラやふしぎ気候など、4面画像でご紹介します! 

 

〇南極と地球の未来

厳しい自然環境に包まれた南極という「宝箱」は、

現在と未来の私たちにとって、どんな場所なのでしょうか。

 

南極展チラシ裏面はこちら

主催、協力、協賛

主催:山梨日日新聞社、山梨放送、山梨県立博物館

協力:株式会社キムラ、国立極地研究所、日本通運株式会社、山梨交通株式会社

協賛:日本ネットワークサービス