イベント詳細情報

文化・芸術

7月13日から開催!

山梨放送開局65周年記念 身近なネコのいろいろな「すごい」ところを発見してください。

すごすぎる!ねこ展

概要

夏期企画展「すごすぎる! ねこ展 ~ヒトとネコの出会いと共存の歴史~」を開催いたします。
 かつて野生動物だったネコ。ネコは餌を求めてヒトに近づき、ヒトは食料や経典、カイコの守り役として共存関係を築いてきました。ヒトはネコの姿やしぐさに魅了され、信仰や芸術の対象となり、現代では伴侶動物と呼ばれるまでになりました。
 本展では古くから続くヒトとネコの関係を出土品や工芸品などの資料で振り返るとともに、大型ネコ科動物の剥製、化石などを展示し、野生の側面も紹介。全編に織り交ぜた猫写真家・沖昌之氏の作品とともにネコの「すごすぎる」ところをご紹介いたします。また、山梨出身の羊毛フェルト人形作家・荻原弘子氏の羊毛フェルトのネコ作品も特別展示しますので、ぜひご家族連れでご覧下さい。

日程:
2019年7月13日~9月2日
場所:
山梨県立博物館


  • 足跡の付いた須恵器

  • ピューマはく製

詳細

日時

2019年7月13日(土)~9月2日(月)

毎週火曜日休館(8月13日は開館)

9:00~17:00(入館は16:30まで)

場所

山梨県立博物館

(山梨県笛吹市御坂町成田1501-1 電話055-261-2631)

http://www.museum.pref.yamanashi.jp/

観覧料

一般:1,000円 大学生:500円

高校生以下、県内在住の65歳以上の方、障害者の方(その介助をされる方)は無料

内容

<主な展示資料>

・【東日本初出品】ネコ?の足跡が付いた見野古墳群出土の須恵器(古墳時代、姫路市埋蔵文化財センター蔵)

・バステト女神像(紀元前4世紀頃、東京国立博物館蔵)

・「日本霊異記」(江戸時代後期、東京大学附属図書館蔵、原本は平安時代初期)

・「石山寺縁起絵巻」(模本、明治時代、東京国立博物館、原本は鎌倉時代末期)

・「北斎漫画」(江戸時代、山梨県立博物館蔵)

・芙蓉に猫模様小袖(江戸時代後期、J.フロントリテイリング史料館蔵)

・漱石の猫の死亡通知(明治時代、新宿区立漱石山房記念館蔵)

・南極で越冬した猫「たけし」写真(現代、国立極地研究所蔵)

・ピューマはく製(国立科学博物館蔵)

・チーターはく製(国立科学博物館蔵)

・イリオモテヤマネコ剥製(環境省自然環境局生物多様性センター蔵)

・ツシマヤマネコ剥製(環境省自然環境局生物多様性センター蔵)

・スミドロン全身骨格(茨城県自然博物館蔵)

・ディニクチス全身化石(茨城県自然博物館蔵) 他

 

<資料以外の主な展示>

・猫写真集「ぶさにゃん」「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」「ヒミツヒミツの猫集会」「明日はきっとうまくいく」「にゃんこ相撲」などで今話題の猫写真家・沖昌之氏の作品を多数特別展示

morin工房・荻原弘子氏の羊毛フェルトのネコ作品を特別展示

・大型ネコ科動物・ライオン、トラ、スミロドンの動刻

・描いた絵が動く、ネコ大好き!お絵描きスクリーン 他

   

関連イベント

【○○すぎるネコ写真コンテスト】

★募集は終了いたしました★たくさんのご応募ありがとうございました★

募集期間5月1日(水)~6月12日(水)、「通販生活」のホームページで受け付け中。

上位作品には賞品を贈り、同企画展ロビーに展示します。

【ねこ写真トークショー】

「ネコ写真撮影のすごすぎる話」、講師・沖昌之氏(猫写真家、猫写真集「ぶさにゃん」「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」など多数、インスタフォロワー11万人超)

7月20日(土) 13:30~

同館生涯学習室、無料、申し込み不要

【NNS Presents ナショジオオープンキャンパス】

「ココリコ田中の動物これ知ってた?」

ネコ科動物を中心としたココリコ田中のトークショーを開催します。

8月3日(土)開講14:00、開場13:30、県総合教育センター・大研修室(県立博物館隣)、

無料、要申し込み

申し込み方法● 6月26日(水)~7月15日(月・祝)までメールで受け付けます。

a@ybs.jp に下記内容を記入し送信してください。

※受付返信メールは送りません。

タイトルに「ねこ展」、本文に①郵便番号・住所、②参加者全員の氏名・年齢(6人まで)、③電話番号を記入。

※記入漏れの場合は受付できません。

応募多数の場合は抽選。当選の連絡は7月25日(木)までに「入場はがき」をお送りしますので、当日持参してください。抽選結果は発送に代えさせていただきます。「入場はがき」が届かない場合は落選となります。

【ねこワークショップ】

「羊毛フェルトでネコのワッペンをつくる」 講師・荻原弘子(羊毛フェルト人形作家)

8月17日(土)①10:10~ ②13:30~、費用500円、要申し込み

ニードル、材料は用意いたします。対象は小学5年生以上を推奨します。

申し込み方法● 7月1日(月)から山梨県立博物館で電話受け付け。電話055-261-2631。定員になり次第締め切ります。

主催

主催:山梨日日新聞社、山梨放送、山梨県立博物館

協賛:日本ネットワークサービス