株式会社新聞センター

玉幡本社 〒400-0117甲斐市西八幡3629-1 TEL: 055-276-6171 FAX: 055-276-6193
市川店 〒409-3601市川三郷町市川大門1043 TEL: 055-272-8121 FAX: 055-272-8125
小淵沢店 〒408-0044 北杜市小淵沢町5981-2 TEL:0551-45-8808 FAX:0551-45-8848
初狩店 〒401-0022大月市初狩町中初狩503-1 TEL:0554-25-6660 FAX:0554-25-6660
甲府南店 〒400-0058甲府市宮原町608-1 サンニチ印刷国母工場内 TEL:055-242-0111 FAX:055-242-0112



ベストショット!

節分
 2月3日は節分。節分にまつわる言い伝えにはさまざまなものがあ...(2018.2.1)

購読のご案内
インターネット上から新聞購読のお申込みが可能です。コチラをクリックして是非ご利用下さい。受付次第、弊社よりご連絡申し上げます、申込みを受け付け次第、折り返しこちらよりご連絡申し上げます。
 HOME>お近くの情報を盛りだくさんでお届けします! ミニコミ情報発信中!


粉ミルク缶再利用 門松づくり楽しむ 竜王南部公民館で講座
2018年1月30日
▲門松を作る参加者
 西八幡の竜王南部公民館は12月23日、門松作りの講座を開きました。
 粉ミルクの空き缶を再利用する点と、高さ約50センチの本格的なサイズが特徴 。門松作りに詳しい市川三郷町の芦沢克芳さんと甲斐市在住の樋口孝之さんが約20人に指導しました。
 土台となる空き缶をわらでくるみ、麻ひもで3カ所をしっかりとしばった後、わらの両端を切ったり折り曲げたりして整えました。あらかじめカットしておいた竹3本をひもでしばって缶にさし、さらに丸めた新聞紙などを入れて竹が動かないよう固定。松と梅の枝もさし、針金でおかめの面や海老の飾り、紙垂(しで)を取り付けて完成しました。
 立派な門松が出来上がり、参加者は満足そうな表情。芦沢さんは「缶の中に水を入れると長持ちする」とアドバイスし、「材料をそろえたり、最初に空き缶をわらで巻いてひもで固定する作業が少し大変だが、ぜひ周りの人にも教えてあげて楽しく作ってほしい」と呼び掛けました。

2018年(以前の記事はこちら
2月20日
アロエ開花に妻の回復願う 万才の河西さん
2月10日
認知症ケアは「驚かせず」「急がせず」 甲斐リハビリテーション クリニックで講演会
1月20日
菊の栽培を続け17年 季節感じ生活に潤い  西八幡の杉山さん
1月10日
ニシキゴイに癒やされて  玉川の藤森さん 愛情を込め飼育
» 市川の情報はこちら
 

Shinbun Center Co;Ltd, All Rights Reserved